2021年 6月 25日 (金)

大竹しのぶのRADWIMPS歌唱にツッコミの嵐 「シャンソンな雰囲気」が一因?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2021年2月16日に生放送された「うたコン」(NHK総合)について、出演者の大竹しのぶさん(63)に対し、「歌がキツかった」とその出演にツッコミを入れる声が相次いだ。

   この日、番組は「今夜は『おちょやん』を大特集」と銘打って進行。1曲目には朝ドラ「おちょやん」の舞台である大阪にちなんで細川たかしさんが「浪花節だよ人生は」を披露したほか、番組中でドラマのワンシーンを差し挟むなど、おちょやん一色で展開していったが、その中で大竹さんが披露したのは「RADWIMPS」の「愛にできることはまだあるかい」だった。

  • 大竹しのぶさん(2017年撮影)
    大竹しのぶさん(2017年撮影)
  • 大竹しのぶさん(2017年撮影)

サビの部分になるや、その音程は不安定に

   番組中盤、「おちょやん」で主演する杉咲花さんと親交があると紹介され登場した大竹さん。大阪のスタジオから中継で番組に出演する杉咲さんとの歓談が一段落すると、画面は大竹さんが主演した朝ドラ「水色の時」(1975年度前期)のものに。これら、番組に大竹さんを招いた理由を紹介するシーンが終わると大竹さんは歌を披露したのだが、その歌に視聴者からのツッコミが相次いでしまったのだ。

   大竹さんは歌い出しこそ安定した声で歌を披露していたが、サビの部分になるや、その音程が上がり切らないなど、徐々に不安定さが目立つように。歌はそのまま2番に突入し、一旦は持ち直すも、やはりサビの部分では再び音程が不安定になるなどしたのち、歌は終了したのだった。

   これに対し、前述のものの他にもネット上では「大竹しのぶの歌は頂けない」といったツイートが続々となされたほか、「何でおちょやん特集で大竹しのぶがRADWIMPS歌うのか???意味不明すぎな謎キャスティングだったよ」とツッコむ声も上がるなど、視聴者からの疑問の声が相次いでしまったのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中