2021年 7月 30日 (金)

阪神ドラ1・佐藤輝はどこを守るべき? 外野より「一塁」の方が...担当記者が大胆提言

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

看板に偽りなし。プロ野球の新人の中で話題を独占しているのが阪神ドラフト1位の佐藤輝明だ。

プロ初の対外試合となった2021年2月9日の練習試合・日本ハム戦(宜野座)に「2番・左翼」で先発出場すると、5回に2年目右腕・鈴木健のスライダーをすくい上げて右越えアーチを放つなど猛打賞3打点の鮮烈デビュー。12日の紅白戦でも白組の「1番・右翼」で先発出場し、左腕・高橋遥人の直球に反応して右翼線を破る二塁打を放った。

  • 近大時代の佐藤輝(写真:BFP/アフロ)
    近大時代の佐藤輝(写真:BFP/アフロ)
  • 近大時代の佐藤輝(写真:BFP/アフロ)

開幕スタメンの可能性も十分

「高橋の直球の質は球界屈指です。三振奪取率が高く、簡単に打てる投手ではない。その直球を新人が豪快に引っ張って二塁打を打った。日本ハム戦の本塁打以上にインパクトの大きい一打で、どよめきの声が上がっていました」(スポーツ紙阪神担当記者)

   近大でリーグ新記録の14本塁打をマーク。身長187センチ、体重94キロという恵まれた体格からのフルスイングはソフトバンク・柳田悠岐を彷彿とさせる。4球団が競合した逸材だが、粗削りな部分もあることから、プロのスカウト陣は「即戦力ではなく、2,3年後に大化けする可能性を秘めた長距離砲」という見方が多かった。

   だが、その前評判を早くも覆そうとしている。

   まだ実戦が始まったばかりで評価するのは早計だが、首脳陣の評価を高めているのはミート能力だ。フルスイングしながらもコンタクト率が高い。高橋からの一打で証明したように直球に振り遅れず、変化球もうまく拾って長打にする。このままアピールすれば、開幕スタメンの可能性は十分にある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中