2021年 7月 28日 (水)

G.G.佐藤が落球を「ネタ」にできた日 「あのエラーがあってよかった」自虐ツイートに込める思い

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

ノムさん「エラーをしても名を残せたのは名誉」

   ――実力勝負の世界で結果がついてくるとは限らない。北京五輪でのエラーもその一つではないかと思います。

今でも悔しいですよ。やり返せるならもう一回オリンピックに出てやり直したい。G.G.佐藤といえばあのフライの失敗が代名詞ですよね。それはもう否定しようがない野球人生唯一の後悔だけど、過去に起きてしまったことだから取り消せないです。
でも去年、野村克也さんが亡くなる直前にたまたまTVの撮影でご一緒する機会があって、「お前はエラーをしてしまったけど、名を残せたというのはすごく名誉なことだから、それを活かしてこれからも一生懸命頑張りなさい」と言われたので、吹っ切れた気もしました。

   ――野村さんとは少年野球時代にご縁があったと聞きます。

僕が所属していた少年野球チーム「港東ムース」は沙知代さんがオーナーで、G.G.佐藤の名前も沙知代さんのアイデアです。野村さんにも指導していただいて、僕にとっての恩師は野村さんなんです。
YouTubeでは「トラバース」のオリジナルユニフォームで出演することも。背番号は「19」で野村克也さんの現役時代の番号にちなむ
YouTubeでは「トラバース」のオリジナルユニフォームで出演することも。背番号は「19」で野村克也さんの現役時代の番号にちなむ

   ――そして引退後はトラバースに就職、今まで勤務されています。

ロッテを戦力外になって、今後どうしようかな、と考えた時、今まで野球を自由にやらせてくれた父親(トラバース代表取締役社長・佐藤克彦さん)に恩返しがしたいと考え、父が創業した、一番大事にしているこの会社を守りたいな、と考えました。
別に頼まれたわけでは全くないです。「あなたは野球の世界で生きてきて、これからもやりたいことがあるのだったら自由に生きていい」と引退後も言われていました。だから改めてアポを取って社長である父親に挨拶して、筋を通して入社しましたね。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中