2021年 6月 12日 (土)

デマツイート「バイデンが福島の井戸に毒入れた」なぜ拡散? 専門家語るネットユーザーの「心理」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
「バイデンが福島の井戸に毒を投げ込んでるのを友達が見ました!」

   2021年2月13日午後11時8分頃に福島県沖を震源とする最大震度6強の地震が発生した直後、ツイッター上に投稿された「デマツイート」だ。広く拡散され、「差別煽動」だとする指摘もあがるなど、物議を醸した。

   なぜ、荒唐無稽とも思える「デマツイート」が拡散されてしまったのか。専門家は、拡散したユーザーに「愉快犯」的な動機があったのではないかと指摘する。

  • アメリカのジョー・バイデン大統領(21年2月19日、写真:AP/アフロ)
    アメリカのジョー・バイデン大統領(21年2月19日、写真:AP/アフロ)
  • 「バイデンが福島の井戸に毒を投げ込んでるのを友達が見ました!」(投稿者のツイートをキャッシュから取得、編集部加工、現在は確認できず)
    「バイデンが福島の井戸に毒を投げ込んでるのを友達が見ました!」(投稿者のツイートをキャッシュから取得、編集部加工、現在は確認できず)
  • アメリカのジョー・バイデン大統領(21年2月19日、写真:AP/アフロ)
  • 「バイデンが福島の井戸に毒を投げ込んでるのを友達が見ました!」(投稿者のツイートをキャッシュから取得、編集部加工、現在は確認できず)

投稿者は「反射神経でツイートしたジョーク」と説明

「悪質な差別煽動。皆さん通報しましょう」

   ITジャーナリストの津田大介氏は2月14日未明、「井戸に毒」投稿を引用リツイートする形で、こう呼びかけた。朝日新聞の17年9月1日夕刊と2日朝刊の報道によると、1923年9月1日に発生し、関東大震災を引き起こした巨大地震では、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」という流言が拡散。その結果、自警団が朝鮮人を殺害するという事件が各地で発生した、とされている。津田氏から指摘を受けた投稿者は、14日中に「地震で興奮して反射神経でツイートしたジョーク」と反論したが、その後、アカウント自体が閲覧できない状態になった。

   ツイッター上では当時の事件を揶揄する、人種差別的な投稿だとして批判的な声が相次いだ。しかし、一部ユーザーからは「ネタツイをネタだと受け取れない人が多すぎ」「井戸に毒を冗談でも笑えない人間、どうやってツイッターやってるんですか?」と、投稿者を擁護する声も聞かれた。「井戸に毒」をツイートした投稿者は津田氏からの指摘を受けた後、投稿の真意をこう説明していた。

「朝鮮人井戸毒デマを流す人間をバイデン松屋食い逃げでミームで茶化すようなたてつけになっていませんか?」(原文ママ)

   投稿者が言及した「バイデン松屋食い逃げ」とは一体なんのことなのか。実は地震が発生する直前まで、「アメリカのジョー・バイデン大統領が松屋で食い逃げをしていた」というミーム(ネタ)がツイッター上で流行していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中