2021年 7月 26日 (月)

半導体大手・ルネサスが「捨て身」の買収を続ける理由 背景にある問題とは

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   半導体大手のルネサスエレクトロニクス(東京・江東区)が、同業の英大手ダイアログ・セミコンダクターを買収することが決まった。

   2017~2019年に実施した計1兆円規模の買収に続く3社目の大型案件になる。有利子負債の膨張で財務悪化への懸念も強く、早期に買収の効果を示すことが求められる。

  • ルネサスの公式フェイスブックより
    ルネサスの公式フェイスブックより
  • ルネサスの公式フェイスブックより

買収総額は約6167億円

   ルネサスは2021年2月8日、ダイアログ買収を発表した。それによるとルネサスは21年末までに1株当たり67.50ユーロ(約8500円)で、独フランクフルト証券取引所に上場するダイアログの発行済み全株式を取得する。買収総額は約48億8600万ユーロ(約6157億円)になる。

   ダイアログは1998年設立。工場を持たず開発と設計に特化したファブレス企業で、電子機器の電源制御用半導体に強いほか、携帯の高速通信規格「5G」など通信関連の技術にも定評がある。米アップルのスマホにも採用されており、一時は売上高の6割超をアップルが占めたが、近年は低下しているという。19年12月期の売上高は約1644億円。

   ルネサスは自動車のモーターなどの動きをきめ細かく制御するマイコンが主力だが、近年はIoT関連やデータセンターなど成長分野を強化してきている。今回のダイアログの買収で事業の幅をさらに広げたい考えで、具体的には両者の得意技術を組み合わせ、5G基地局向けの製品開発などを図るという。

   買収完了から4~5年後に約2億ドル(約210億円)の増収効果、3年後に約1億2500万ドル(約130億円)のコスト削減効果を見込む。

   ルネサスは近年、買収を活発に実施している。17年に同業の米インターシルを約3500億円、19年には米インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)を約6900億円で傘下に収めている。製品ラインアップは広がったが、20年9月末の有利子負債は7171億円に膨らんでいる。

   ダイアログの買収は銀行から新たに借り入れる計画で、最大2700億円の増資も予定しているが、財務の悪化への懸念は強い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中