2022年 10月 1日 (土)

巨人・小林は正捕手に返り咲けるか 元コーチの評価は「かつてのギラギラ感がなくなっている」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「原監督は打てる選手を求める」

   セ・パ両リーグでコーチの経験を持つ橋上氏は、セ・リーグにおける捕手の攻撃力の重要性を指摘。そのなかで原監督の「性格」を分析しつつ正捕手争いに関して次のように言及した。

「DH制のないセ・リーグで攻撃力の差が付くのが捕手です。捕手のほとんどは8番を任されますが、攻撃力のない捕手の場合、打線が7人攻撃になり圧倒的に攻撃力が落ちる。捕手に対する要求は監督によって異なりますが、原監督は打てる捕手を求めるでしょう。守りに関しては炭谷選手がまとまっていますが、攻撃力でいえば間違いなく大城選手になる。ここ最近の大城選手は試合中の何気ない声掛けなどがみられ、周りからも信頼を得ている感じがします」(橋上氏)

   激しい正捕手争いが展開されるなか、昨年不本意なシーズンに終わった小林の巻き返しはなるのか。春季キャンプでは、原監督から「熱血指導」を受け、改めて捕手としての資質の高さを認められた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中