2022年 10月 3日 (月)

巨人・小林は正捕手に返り咲けるか 元コーチの評価は「かつてのギラギラ感がなくなっている」

角型のメタルベゼルを採用した"PRO TREK"

「小林選手はレギュラーというよりまずは1軍枠に」

「小林選手が入団した当初は、阿部慎之助という大きな目標を超えようとがむしゃらにやっていた。今はかつてのギラギラ感がなくなっているように見えます。変に落ち着いてしまっている感じがします。小林選手は菅野投手とバッテリーを組むことが多いですが、菅野投手以外の投手からもある程度の信頼を勝ち取り、引っ張っていく姿勢を見せてほしい。そういう姿勢を見せることも大切だと思います」(橋上氏)

   原監督は捕手の起用パターンとして2人制を敷く可能性も示唆しており、春季キャンプでは危機管理の一環として石川慎吾外野手(27)に捕手の練習をさせた。第3捕手を置かずに捕手2人制となれば、今後、捕手争いはさらに激化していくとみられる。

「大城選手が100試合くらいマスクをかぶれるようになれば2人制でも良くなる。報道では石川選手に捕手の練習をさせているというので、捕手専用の3人は置かないかもしれない。セ・リーグの場合、捕手は2人制にしたいはず。捕手の3人目はほとんど使わないので、他の控えを厚くしたい。捕手の2人制は十分に考えられる。その分、競争は激しくなる。小林選手はレギュラーというよりまずは1軍枠に入ることだと思います」(橋上氏)
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中