2022年 5月 20日 (金)

アントニオ猪木氏「リハビリ姿」公開に激励続々 腰治療で入院、ファン「闘魂は負けない」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   元プロレスラーのアントニオ猪木氏(78)が2021年3月1日、自身のツイッターを更新しファンへ向けてメッセージを送った。

   猪木氏は腰の治療のために病院に入院中で、リンク先のユーチューブチャンネルではリハビリに励む姿を公開し、ファンから激励の声が寄せられている。

  • アントニオ猪木氏(20年2月撮影)
    アントニオ猪木氏(20年2月撮影)
  • アントニオ猪木氏(20年2月撮影)

「アントニオ猪木最大の敵と今闘っています」

   猪木氏はツイッターで「元気ですかー!今日も一日リハビリを頑張りました。アントニオ猪木最強の敵と闘っています」と闘病の様子をファンに報告し、「早く元気を取り戻して皆さんにメッセージを送りたいと思います。元気ですかー!と言えるように、頑張っていきます。ありがとー!」と早期回復を誓った。

   また、ユーチューブチャンネルのアントニオ猪木「最後の闘魂」では、ベッドの上でパジャマ姿の猪木氏がリハビリを行う姿が公開された。

   動画ではテーマ曲の「炎のファイター」が流され、「アントニオ猪木最大の敵と今闘っています。自分自身です」などのメッセージが文字で流された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中