2021年 10月 26日 (火)

女性は主婦業を追求した方が「人間としての価値高い」? IIJ会長の寄稿、「不適切」と一部削除の日経に理由を聞いた

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「女性が昔ながらの主婦業を徹底して追求した方が、難しい仕事だし、人間としての価値も高い」――。

   日本経済新聞社は2021年3月2日、格安スマホサービス「IIJmio」を展開するIT大手「インターネットイニシアティブ(IIJ)」の鈴木幸一会長(74)の寄稿記事に不適切な表現があったとして、一部記述を削除した。

   日経の広報室は取材に「筆者の承諾を得て当該部分を削除しました」と答えた。

  • 日経電子版より
    日経電子版より
  • 日経電子版より

男女共同参画は「目先の形だけを追求していても仕方がない」

   鈴木氏は、日経電子版の連載枠「経営者ブログ」で定期的に寄稿している。

   日経が「当該部分を削除」した記事は、3月2日配信の「重要な仕事、『家事』を忘れている」。専業主婦だった亡き母親との思い出を通じて、家事の重要性、尊さを説いている。

   削除されたとみられる部分は、「男女差別をなくすには」との見出しの段落。東京都が、審議会などの女性委員の割合を4割に引き上げる目標を掲げた一件に触れ、「それも変な話である」と疑問を呈す。

「男女を問わず、にわか知識で言葉を挿むような審議会の委員に指名されるより、女性が昔ながらの主婦業を徹底して追求した方が、難しい仕事だし、人間としての価値も高いし、日本の将来にとっても、はるかに重要なことではないかと、そんなことを思うのだが、口にしようものなら、徹底批判されそうである。本当の男女差別をなくそうということであれば、目先の形だけを追求していても仕方がない気もするのだが」

   記事は、3月2日午後に「一部不適切な表現があり、筆者の承諾を得て当該部分を削除しました」と追記され、一部記述が削除された。

   寄稿記事の配信後、同日中に日経が「当該部分を削除」するまでの間に、ツイッターでは記事のスクリーンショット(スクショ)や引用を投稿して批判する人も相次いでいた。日経電子版の該当記事を3日に確認すると、記事配信は2日の未明2時で、同日15時38分に「更新」したと記録されている。上記で紹介した「女性が昔ながらの主婦業を」などの部分は3日現在見当たらない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中