2021年 9月 21日 (火)

重症者の病床使用率が1週間で「53.5ポイント」改善? 都のデータ「あやふや」でも緊急宣言延長するのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

検証なしの私権制限「納得できない方がたくさんいると思う」

   音喜多氏は

「半年以上、この問題はあったはずなのに、2月の下旬に突然訂正をして、しっかり検証しているのか。こうしたものが分からないままに私権を制限されるわけだから、納得できない方がたくさんいると思う。東京都に対して厳格なお願いをして、正確なデータに基づいて、総理の信念に基づいた、果敢な決断をするべきでは」

などと菅氏に答弁を求めたが、田村氏が答弁に立って次のように発言した。

「もちろん、どういう状況かについては東京都と我々で連携している。そもそも、緊急事態の前夜、非常に厳しくなりつつあった頃、あの頃から厚労省も、東京都・区と協力させていただきながら病床確保に走っていたので、そういう意味では東京の現状というもの、これもつぶさに我々は拝見させていただきながら、最終的には判断させていただきたい」

   基準変更には問題ないとの立場をにじませた答弁で、音喜多氏は

「納得できない国民が多いと思う。この問題は引き続きやらせていただきたい」

と、ぶぜんとした様子で次のテーマの質問に移った。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中