2021年 4月 23日 (金)

SixTONES松村北斗の「ギャップ沼」に溺れよう 演技派俳優とアイドル...それぞれの素顔に迫る

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   SixTONES松村北斗は、ドラマや映画で好演を重ね、演技面での開花が著しい。Jr.時代からの俳優経験が着実に糧となっているが、グループでの彼はどんな顔を持つのだろう。アイドルとしての松村北斗の魅力に切り込んだ。

「パーフェクトワールド」での好演が注目

   SixTONESメンバーを知ったばかりの方でも、昨今、ドラマや映画などに引っ張りだこの松村北斗の顔を見たことがある方は多いのではないだろうか。

   松村は、1995年6月18日生まれの25歳。2009年2月にジャニーズ事務所に入所すると、同年にSixTONES・髙地優吾、現Sexy Zone・中島健人、菊池風磨らとともに中山優馬 w/B.IShadow、その直後に現Hey! Say! JUMPの山田涼介、知念侑李を加えてNYC boysを結成。その一員としてCDデビューを果たしたり、『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)に出演したりするなど、入所後早い段階から目立つ存在として活動をしてきた。

   しかし、メンバーたちがSexy Zone、Hey! Say! JUMPとしてデビューをしたことによって、いずれも事実上解散。それ以降は先輩グループのバックで、コツコツと実績を積んできた人物である。

   松村は、今やSixTONESきっての演技派だ。彼が演技の道を歩みはじめた最初のきっかけは、SixTONES結成のきっかけともなったドラマ『私立バカレア高校』(2012年)。後のSiXTONESメンバーが全員集結して高校生役を演じた本作で、松村は浅田哲也を演じる。

   以降、ドラマ、映画ともに出演作が増えていき、SixTONESとしてCDデビュー前年の2019年のドラマ『パーフェクトワールド』で、片足を失い義足で生きる渡辺晴人役の演技が評価された。

   当時のSNSでは「渡辺晴人の子がジャニーズだとは思わなかった」という旨のコメントが多々投稿されていたほどだ。現在もドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)に出演しており、公開中の映画『ライアー×ライアー』では森七菜とW主演を務めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中