2021年 9月 19日 (日)

投手のクセ、どう見抜く? 元日本代表コーチ語る「見破り」と「修正」めぐる攻防

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球の公式戦が2021年3月26日に幕を開ける。

   現在、シーズン開幕へ向けて各地でオープン戦が行われ熱戦が繰り広げられている。日本シリーズ連覇を狙う王者ソフトバンク、リーグ3連覇を目指す巨人...。今季のプロ野球はどのような展開を見せるのか。セ・パ両リーグとともにファンの興味は尽きない。

楽天・早川は腕の振りにクセが?

   例年、春季キャンプからオープン戦にかけて新人選手の動向に注目が集まり、今年は阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)が話題を集めている。巨人の大型新人、秋広優人内野手(18)も存在感を見せており、即戦力として期待される楽天・早川隆久投手(22)も注目のひとりだ。

   楽天の開幕シリーズ第3戦目の先発候補でもある早川は3月7日の中日とのオープン戦に先発し、4回8安打3失点の内容だった。最速149キロの直球で三振を奪い、ポテンシャルの高さを見せた一方で、変化球に課題を残した。打たれた8本の安打のうち6本が変化球で、スポーツ紙の報道によると早川は「(腕が)緩んでしまった」と振り返っている。

   中日の打者はおそらく早川が変化球を投げる際に腕の振りが緩むクセを見抜いたのだろう。投手のクセを瞬時に見抜き攻略する。プロの打者として当然のことなのかもしれないが、果たしてクセを見抜いただけでそう簡単に打てるものなのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中