2021年 5月 9日 (日)

中丸雄一「メンバー抜けずに四半世紀やったのは奇跡」 V6解散を「自虐ネタ」でねぎらう姿に「中丸さんたちも素晴らしいよ」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「メンバーが抜けないで、四半世紀やったのは奇跡」

   デビューからこれまで、1人も脱退することなく活動を続けてきたV6。

   中丸さんはその点にも触れ、「脱退や解散とは無縁のようなイメージでしたよね」とコメント。さらに自身の所属グループ・KAT-TUNを引き合いに出し、

「メンバーが抜けないで、四半世紀やったっていうのは奇跡でしかないですね。我々は1、2年で1人抜けてますから。どれほどこれが大変なことで、人生を注いでいるわけですから。その点本当に感謝だし、すごいことだと思いますね」

と自虐気味に先輩グループをねぎらった。

   KAT-TUNは2006年にメンバー6人でデビュー。その後、10年に赤西仁さん、13年に田中聖さん、16年に田口淳之介さんが脱退し、現在は中丸さん、亀梨和也さん、上田竜也さんの3人体制で活動している。

   ジャニーズ事務所では、このほかTOKIO、NEWS、関ジャニ∞といったグループでも、一部メンバーが脱退している。実際に他メンバーの脱退を経験した中丸さんの「奇跡」という表現は、決して大げさではないだろう。

   ツイッターでは、こういった中丸さんの発言が反響を呼んでいる。ファンと見られるユーザーからは、

「笑えるし先輩を敬う気持ちも溢れてるし、自分のグループへの愛も感じる」
「形が変わってもずっとグループを守り続けている中丸さん達も素晴らしいよ」
「四半世紀誰も抜けずに走り続けるのってやっぱすごいよね」

といった反応が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中