2021年 10月 21日 (木)

BTSグラミー賞「落選」めぐる温度差 「ノミネート自体すごい」の一方...報道に冷めた声も

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本時間2021年3月15日に発表された、第63回グラミー賞の受賞状況が日本でも報じられており、インターネット上で話題だ。「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス」部門をレディー・ガガさんとアリアナ・グランデさんの「レイン・オン・ミー」が受賞した一方、同部門にノミネートされていた韓国の男性アイドルグループ・BTSの「Dynamite」が落選。同グループのファンとみられるネットユーザーが残念がったり今後に期待の声をあげたりする一方、メディアで落選の事実が大きく報道されたことを冷めた目でみるユーザーも少なくない。

  • BTS(C)FAMOUS
    BTS(C)FAMOUS
  • BTS(C)FAMOUS

「ノミネートされること自体すごいし頑張ってほしい」

   BTSファンからは嘆きの声がこだましている。あるツイッターアカウントは「残念だったけれども、ここまで来れたことは凄いことだし、BTSを好きになれて、こうやって一緒に感動を味わえて...人生の中でいっちばん幸せです! みんなありがとう」と、感動をもらえたとツイート。また、別のアカウントは「BTSグラミー残念だったけどノミネートされること自体すごいし頑張ってほしい」と、結果の如何にかかわらず、ノミネート自体に価値があると絶賛している。

   このほか、「壁は厚いけど、来年以降まだまだチャンスがあるのでいずれ受賞して欲しい」といったツイートも見られるなど、来年以降に期待するとの声も多く、ファンから飛び出す声は「残念」といった言葉を伴いつつも、実に明るいものが多いのが特徴だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中