2021年 4月 12日 (月)

「ありえない愚策」「心肺停止に近い状態」 時短要請に「応じなかった」外食大手、東京都に訴え2700字超

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「『指の先が化膿したので、腕を肩から切断』するような、ありえない愚策だと思います」 ――。

   首都圏を中心に飲食店を展開する外食大手「グローバルダイニング」(東京都港区、東証2部上場)は2021年3月12日、東京都からの時短要請を受けて作成した「弁明書」を公式サイトで公開した。

  • グローバルダイニング公式サイトより
    グローバルダイニング公式サイトより
  • 長谷川耕造社長(プレスリリースより)
    長谷川耕造社長(プレスリリースより)
  • グローバルダイニング公式サイトより
  • 長谷川耕造社長(プレスリリースより)

26店舗が要請に従わず

   東京都は2月26日以降、3回にわたり、営業時間の短縮要請に応じていない施設に対して、特別措置法に基づいて時短要請した。

   都総務局によれば、3月15日までに113施設に要請した。従わない場合に罰則のある「命令」はまだ出していないという。

   グローバルダイニングも3月5日、同社の飲食26店舗が時短要請に応じていないとして、都から「弁明の機会の付与について」と題した書面が届いた。

   同社は、長谷川耕造社長名義で返送した「弁明書」を12日に公式サイトで公開した。「当社の新型コロナウイルスに関しての考え方について」「新型コロナ対策についての疑問」「45 条要請及び経済対策についての疑問」の3つの章立てで、要請に応じない理由を2700字超にわたって述べている。

   主張の大部分は、都の新型コロナ対策や補償への不満だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中