2021年 5月 17日 (月)

今年のプロ野球、日本一はどこ? J-CAST記者の予想は「ヤクルト」「ソフトバンク」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の2021年シーズンが、きょう3月26日に始まる。

   開幕前の「恒例行事」といえば、シーズンの展望を占う順位予想だろう。解説者やOBの本格的な予想はもちろんだが、ツイッターに飛び交うファンの自由な予想も見ていて面白いものだ。

   今年は、J-CASTニュースも順位予想に参加する。編集部を代表する野球好き記者4人が、ネットニュース記者ならではの視点(?)と独断・偏見に基づき、セ・パそれぞれの順位を予想した。

  • ついに球春到来だ…!
    ついに球春到来だ…!
  • J-CASTニュース記者の順位予想。太字が日本一チーム
    J-CASTニュース記者の順位予想。太字が日本一チーム
  • ついに球春到来だ…!
  • J-CASTニュース記者の順位予想。太字が日本一チーム

スポーツ担当・K記者がガチ予想

K記者の予想=ソフトバンク日本一

【セ】1位阪神、2位巨人、3位中日、4位広島、5位DeNA、6位ヤクルト

   阪神の投手力に期待したい。ここ数年、阪神の投手力は安定している。藤浪が戦力として機能すれば優勝も夢ではない。打撃面では佐藤の加入が良い刺激になるはず。不安なのは守備に関して。失策からみの失点が多いだけに、いかに失策を減らして接戦をものにできるか。

   巨人は菅野以外の先発陣がどこまで貯金を作れるか。戸郷、サンチェスはある程度計算出来るが、今村、井納、高橋に不安が残る。巨人で一番の脅威は原監督の「采配」かも。

【パ】1位ソフトバンク、2位楽天、3位オリックス、4位西武、5位ロッテ、6位日ハム

   総合力ではソフトバンク。期待度でいえば楽天だ。楽天の投手力はやはり侮れない。田中、早川が加わったことでより厚みを増した。投手力ではオリックスも期待できる。ただオリックスの場合、打撃に課題があるため優勝争いに加わるには、接戦をものにしていかなければ厳しいかも。西武は打線が魅力だが、投手陣の顔ぶれをみると上位は厳しそうだ。予想はソフトバンク優勝だが、心情的には田中の胴上げを見たい。

<予想した人・元DスポーツK記者:Dスポ時代、熱狂的な阪神ファンの上司、同僚に洗脳されそうになったが根っからの巨人ファン。小学生のころに原さんの写真集を買った思い出が...>

S記者は「広島2位」を予想。その根拠は...

S記者の予想=ソフトバンク日本一

【セ】1位阪神、2位広島、3位巨人、4位中日、5位ヤクルト、6位DeNA

   阪神は中継ぎ陣が豊富。さすがにJFK 時代ほど絶対的ではないと思うが、早いイニングから中継ぎリレーを行っていけば、多くの接戦を物にできるのではないか。打線も安定感のあるバッターが揃っている。佐藤輝明がオープン戦レベルで活躍すれば、優勝を狙えるのではないか。

   2位争いに広島を期待。栗林、森浦、大道のルーキー3人が中継ぎでフル回転して、オープン戦絶不調のクロンがハマればチャンスはある。真面目な性格なので、きっかけさえ掴めば本塁打王争いできると思う。巨人は中継ぎが不安。

【パ】1位ソフトバンク、2位楽天、3位オリックス、4位西武、5位ロッテ、6位日ハム

   ソフトバンクはモイネロを欠くが、岩嵜が復活した。泉、杉山、津森と若い中継ぎ陣も揃っているし、下からまだ上がってくる可能性もある。先発がダメそうなときに中継ぎをぶっ込んで試合を立て直せるのが大きい。野手の世代交代が出来ていない印象だが、それでも「守り勝つ野球」が出来ると思う。

   楽天は先発のコマは揃っているが、年齢層高めで故障リスクも心配。早川はオープン戦不調で未知数。野手は外人が来日できず、明らかにパワー不足。田中の圧倒的な活躍とマギー、ジョーンズが揃い、日本一を成し遂げた13年に比べるとバランスが悪い。期待の先発陣が活躍できなければ、Aクラス入りできるかも微妙なラインでは。

<予想した人・S記者:ブラウン政権時代からの広島ファン。連続Bクラスで負け犬根性が染み付いていたが、16〜18年のセ3連覇で感覚が麻痺。以降、毎年のように「今年は日本一行けるだろ」と思うようになった>

O記者は西武Aクラス入りを予想

O記者の予想=ソフトバンク日本一

【セ】1位巨人、2位阪神、3位広島、4位中日、5位DeNA、6位ヤクルト

   セ・リーグの筆頭は巨人だが、特段昨年からのマイナス要素が見当たらないという消去法。昨年日本シリーズのトラウマからリーグ優勝して当たり前、目標は日本一くらいの高いモチベーションを維持できれば手堅いがどうか。

   若手の活きがいい阪神が対抗馬の最有力。守備力は課題だが早くも「バースの再来」と評判の佐藤輝に大山・近本ら若い野手陣が好調なら「ネオ・ダイナマイト打線」もあり得るか。

   広島と中日はそれぞれ森下・大野という投手の核がおり、特に中日のリリーフ陣は与田監督の3年間でずいぶん駒がそろってきた。ほぼ互角だと思うが、ルーキー栗林の活躍を加味して広島を3位に。DeNAはラミレス監督時代の中心選手に勤続疲労がみられ、ヤクルトも大きな上がり目が無いのが弱点と考える。

   だが、パの「ソフトバンクとそれ以外」ほどの力の差はセ6球団にはなく、ゲームチェンジャー的存在が出てくればどのチームも優勝・CS争いに加われるポテンシャルを持っているだろう。

【パ】1位ソフトバンク、2位楽天、3位西武、4位オリックス、5位ロッテ、6位日ハム

   ソフトバンクの牙城は固く、対抗できるのは田中復帰の楽天か。昨季末はCSを争うも不協和音に見舞われたが、「3位はBクラスと一緒」と豪語した石井監督の統率力が問われる。

   次に「山賊打線」健在の西武で、この3チームが3強になりそうだ。

   山本・吉田・山岡・平野と投打で選手の粒はそろっていながらなぜか結果が伴わないのがオリックス。期待を込めて4位とした。逆に飛びぬけた活躍を見せる選手がいなくとも勝ててしまうロッテは毎年面白い存在で、5位としたものの楽天・西武・オリックスとの差はさほどない。ここ1・2年明るい話題に欠け、有原も移籍した日本ハムは厳しいのではないか。

<予想した人・O記者:名古屋が第2の故郷で強烈な親ドラゴンズかつアンチ巨人の英才教育を受けて育ったために中日を贔屓してしまいがち。 しかし「燃えドラ」の歌詞は「バンテリンドームにつめかけた」ではだめだったのか。「中日球場」からの伝統あるフレーズだったのに>

ヤクルト優勝の大胆予想も

編集長の予想=ヤクルト日本一

【セ】1位ヤクルト、2位巨人、3位阪神、4位中日、5位広島、6位DeNA

   スポーツ紙や野球サイトなどを眺めても、ヤクルト優勝を予想している人が皆無なので、あえての大穴狙い。ファンのひいき目も多分にあるが、6年ぶりVの可能性は決してゼロではないはず。

   まず、投手陣が弱いとばかり言われるスワローズだが、真のウィークポイントは野手の層の薄さだと思っている。特にここ2シーズンは、神宮ホームの利を活かした戦いができなかった。

   編成もそこを分かって補強を進めた。オスーナ、サンタナの大物外国人に、実績十分の内川が加入。FAで残留した山田の復調、ブレーク期待の塩見・濱田らが飛躍できれば、上位争いに十分食い込めるはず。

   先発は不安だが、中継ぎの駒はそろっている。今季は延長もないので、ブルペンデーの導入もありだろう。混セを制した2015年の再現を期待。

【パ】1位ソフトバンク、2位オリックス、3位楽天、4位西武、5位ロッテ、6位日ハム

   1位は順当にソフトバンク。2位のオリックスは、山本・山岡の二枚看板に、高卒2年目の宮城も楽しみ。強力投手陣を中心に、吉田正・ジョーンズ・ロメロら中心打者がそれなりに働けば、優勝争いにも参戦できるはず。田中将大の復帰に沸く楽天は、ベンチワークの不安がぬぐえず3位と予想した。

<予想した人・J-CASTニュース編集長 込山:小学生の頃からのスワローズファン。好きな選手はバレンティン、好きな応援歌はヤクルト時代の濱中治)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中