2021年 9月 22日 (水)

井上尚弥、次戦ダスマリナスか 6.19ラスベガスと米誌報道...日本開催は「14日間隔離」がネックに

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=の次戦が、2021年6月19日に米ラスベガスで行われる可能性が浮上した。

   米国老舗雑誌「ザ・リング」(WEB版)が3月25日に報じた。井上をプロモートするトップランク社のボブ・アラム氏が同誌に対して語ったもので、試合はIBF同級1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)との指名試合になる見通しだ。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

アラム氏「14日間も隔離されては試合の準備が...」

   井上の次戦に関しては当初、日本開催も選択肢のひとつだったが、同誌によるとアラム氏は「外国人が日本に入国した場合、14日間隔離生活を強いられる。14日間も隔離されては試合の準備をすることは出来ない」と、米国開催を決めた理由を説明した。

   井上は昨年10月にジェーソン・モロニー(オーストラリア)に7回KO勝ちし、王座の防衛に成功。井上は4団体王座統一に意欲を見せていたが、IBF王座の指名試合の期限が過ぎていることから、指名試合の可能性が高まっていた。

   また、同誌でアラム氏はダスマリナス戦以降の展望について言及。指名試合をクリアすれば、一度流れたWBO同級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)との統一戦が「再浮上」するとの見解を示し、その一方でWBC王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)との対戦の可能性にも触れた。ウバーリ陣営とは6月に話し合いを行うという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中