2021年 10月 26日 (火)

巨人・松原聖弥に「去年から成長していない」の声 痛すぎる「バント失敗」にG党辛辣

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球の巨人が2021年3月28日、東京ドームでDeNAと対戦し9回1-1で引き分けた。

    巨人は先発・今村信貴投手(27)が初回に1点を失いDeNAに先制を許した。2回以降は無失点で抑えたものの、打線がDeNA先発・平良拳太郎投手(25)に5回までパーフェクトに抑えられ苦しい展開に。8回に梶谷隆幸外野手(32)の適時打で同点に追いつくも走塁ミスで好機を潰し、開幕3連勝はならなかった。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

6回に「切り札」増田起用も...

   この日初めての好機が訪れたのは1点ビハインドの6回だった。

   それまでパーフェクトに抑えられていた平良から先頭の大城卓三捕手(28)が2塁打を放った。無死2塁の得点チャンスにベンチの原辰徳監督(62)が動いた。大城に代えて2塁走者に増田大輝(27)を起用。指揮官は早くも「切り札」を使い、このチャンスにかける意気込みを示した。

   DeNAのマウンドは2番手・砂田毅樹(25)が上がり、打席には松原聖弥外野手(26)が入った。

   バントの構えを見せた松原は初球を見送り判定はボール。続く2球目をバントし打球は捕手の前に転がった。これをDeNA嶺井博希捕手(29)が処理して3塁へ送球。増田がタッチアウトとなりチャンスを広げることが出来なかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中