2021年 7月 24日 (土)

ヴァレンティノ、批判殺到の広告を謝罪・釈明 着物の帯でなく「帯を思わせる布」「日本文化を冒涜する意図ない」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   モデルのKoki,さん(18)が着物の帯らしきものをハイヒールで踏むなどした広告について、イタリア高級ブランド「ヴァレンティノ」の日本法人は2021年3月30日夜、不快な思いさせたとして公式ツイッターで謝罪した。

   この広告では、日本文化に敬意がないなどとツイッター上で批判が相次いで、広告の写真投稿や動画が削除されていた。

  • 公式ツイッターに釈明文を投稿
    公式ツイッターに釈明文を投稿
  • 物議を醸したシーン(ヴァレンティノ日本語版公式サイトの動画から)
    物議を醸したシーン(ヴァレンティノ日本語版公式サイトの動画から)
  • 公式ツイッターに釈明文を投稿
  • 物議を醸したシーン(ヴァレンティノ日本語版公式サイトの動画から)

「日本の文化に敬意を込めて作成されたもの」と説明

   日本法人のヴァレンティノジャパンは30日、公式ツイッターを更新し、Koki,さんを起用した今回のコレクションについて、釈明文の画像を投稿した。

   そこでは、Koki,さんは、日本で撮影を行ったとし、着物の帯を思わせる布の上に座ったり歩いたりしたほか、靴を履いて家の中にいるシーンもあったとした。

   写真や動画について多くの意見が同社に寄せられているとし、次のようにこうした広告の意図を述べた。

「これらのビジュアルは日本の文化に敬意を込めて作成されたもので、日本の文化を冒涜するような意図は全くなく、このシーンで使われた布も、着物の帯ではありませんが、多くの方に不快な思いをさせてしまったこと、深くお詫び申し上げます」

   ヴァレンティノでは、文化の多様性を尊重しながら、新しい取り組みもしているとして、こう説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中