2021年 10月 26日 (火)

原作と違っても...「めっちゃ眼福」「息できない」 ドラマ「カラフラブル」主演コンビに視聴者悶絶

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2021年4月1日にスタートしたドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」(読売テレビ・日本テレビ系)で、ダブル主演を務める俳優の吉川愛さんと板垣李光人さん演じる「わこめぐ」コンビのあまりにもキュートな姿が話題になっている。

  • テレビドラマ「カラフラブル」公式サイトより
    テレビドラマ「カラフラブル」公式サイトより
  • テレビドラマ「カラフラブル」公式サイトより

板垣さん演じるジェンダーレス男子があまりにも可愛い

   同ドラマはマンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の、ためこうさんのコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」が原作。マンガ誌の編集者・町田和子(吉川さん)と、古着屋で働くジェンダーレス男子・相馬周(板垣さん)が織りなすラブコメディだ。

   第1話では、高校生時代に仲が良かった和子と周が、5年の時を経て職場で再会するところからスタート。和子は周を一目見て「顔がイイ!」「超かわいくなってる!」と内心で驚くが、周は周囲の目も気にせず「僕のずっと好きな人。やっと会えた!」とハグ。困惑した和子は、逃げるようにその場から去っていく。

   終業後、和子が会社を出ると周がかけよってきて、腕を絡ませながら「ご飯食べに行かない? ダメ?」と懇願。その美しすぎるオーラに負け、和子は近くのカフェに付き合うことにするが、隣に座ろうとする周に対し「隣になんか座れない! だって周くん肌が発光してる! 8時間働き疲れ果てた私にはとても隣には...!」と心のなかで悲鳴をあげる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中