2021年 4月 19日 (月)

岸谷五朗の井伊直弼が「新鮮でした」 かつてない「気弱さ」の強調...「青天を衝け」の人物像に反響

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」第8話が、2021年4月4日に放送され、歴史が苦手な人にもわかりやすい展開、かつ人物を掘り下げる描写に称賛の声が多くあがっている。

  • 岸谷五朗さんが井伊直弼を演じる(NHK「青天を衝け」公式サイトより)
    岸谷五朗さんが井伊直弼を演じる(NHK「青天を衝け」公式サイトより)
  • 岸谷五朗さんが井伊直弼を演じる(NHK「青天を衝け」公式サイトより)

栄一結婚も、江戸では大きな動きが...

   大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   第9話では、栄一と千代(橋本愛さん)が結婚。一方、幕府では、大老になった井伊直弼(岸谷五朗さん)が、自由貿易の許可などを取り決めた「日米修好通商条約」をアメリカ合衆国と結ぶが、調印は違勅(天皇の意思に反していること)だと大問題に発展する。井伊に意見した尊王攘夷や一橋派の大名・公卿・志士(活動家)、ひいては徳川慶喜(草彅剛さん)やその父・斉昭(竹中直人さん)には処分が下され、世に言う「安政の大獄」と呼ばれる苛烈な弾圧が始まる。次回は、慶喜らの処分に反感を抱いた者たちによる井伊暗殺事件「桜田門外の変」が描かれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中