2021年 4月 16日 (金)

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
法案の単純ミスは珍しくない 国会・政府あげて検討すべき重大事案ではない

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   今国会で法案の誤記が相次いで、政府のたるみだと報道されている。

   報道されていたのは、デジタル改革関連法案の誤字・表記ミス、地域的包括的経済連携(RCEP)協定承認案の日本語訳の欠落や重複など19法案・1条約だ。

   こうした単純ミスはないにこしたことはないが、実際には珍しくない。一部野党とマスコミは前代未聞というが、単純ミス例は残念ながらよくある。間違いがあってならないとされる広辞苑など辞書でも、誤記誤植はなくはない

  • 国会議事堂
    国会議事堂
  • 国会議事堂

国会、政府をあげて検討すべき重大事案ではない

   筆者は、元キャリア公務員として立法作業に関わったのは多いほうだが、自分自身のミスも、他の人の過去のミスを修正したこともある。単純ミスに誰も気がつかずに既に法令法案が成立したが、その後施行段階で法令のミスに気がつき、年度末に大量の改正法令が成立するときに、しれっと修正法令を通したときもあった。

   今回のような法案の単純ミスは人のやることなので、やむを得ないことだ。ちなみに、米国の官報を見てみたら、修正は山のようにでていた。それに比べると、日本の単純ミスは少ないものだ。なにより単純ミスなので、法案解釈の際に支障にもならず、国会、政府をあげて検討すべき重大事案ではない。

   今回のように、既に国会に提出されていれば、委員会採決時に修正すればいい。単純ミスで内容に関わりがないなら、政府ばかりを責めるのではなく、立法府として国会議員が法案修正という仕事をすればいい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中