2021年 12月 7日 (火)

「仮面ライダー好きじゃない」発言物議の倉田てつをが謝罪 「パートナーは許してくれるだろうか」と反省の弁

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   1987年~89年放送の『仮面ライダーBLACK』『仮面ライダーBLACK RX』で主演を務め、"ライダー俳優"で知られる倉田てつをさん(52)が、作品に対する失言をお詫びした。

   倉田さんはシリーズ生誕50周年を迎えた4月3日、「俺あんま仮面ライダー好きじゃねえ」と発言し、ファンから非難を集めていた。

  • 倉田てつをさん(フェイスブックより)
    倉田てつをさん(フェイスブックより)
  • 倉田てつをさん(フェイスブックより)
    倉田てつをさん(フェイスブックより)
  • 倉田てつをさん(フェイスブックより)
  • 倉田てつをさん(フェイスブックより)

「理由はどうあれ正直幻滅」

「ごめんね、仮面ライダーの話は好きじゃないから。50周年て言われてもありがとうだけど俺、別に仮面ライダーじゃねえし。たまたま昔ライダーやってたっていうだけ」「俺あんま仮面ライダー好きじゃねえからごめん」

   倉田さんは4月3日の動画配信で、視聴者から仮面ライダーの話を振られると、こう切り返した。この日はシリーズ生誕50周年の記念日で、『BLACK』を元にした新作『BLACK SUN』の制作が発表されていた。ファンは倉田さんに感想を求めたが、想定外の理由で断られてしまった。

   この発言が「ショック過ぎる」「理由はどうあれ正直幻滅」と物議をかもしていた。

   倉田さんはSNS上でたびたびライダー作品に言及していたり、自身が経営する飲食店では「ブラックステーキ」「RXステーキ」と作品名を冠した商品を提供していたりしたため、ファンは裏切られたと感じたようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中