2021年 4月 17日 (土)

株式会社TOKIO「名刺」、厚さ1.2cmだった 「普通の何枚分?」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   株式会社TOKIOのスタッフが、ネット上で注目を集めているTOKIOメンバーの「木板の名刺」についての詳細を明かした。

  • 株式会社TOKIOサイトの動画より、国分さんの「厚い」名刺
    株式会社TOKIOサイトの動画より、国分さんの「厚い」名刺
  • 株式会社TOKIOサイトの動画より、国分さんの「厚い」名刺

「本当に一枚一枚その厚さだったんだ」

   話題の発端となったのは、TOKIOの国分太一さんが2021年4月8日にツイッターに投稿した「木板の名刺」の写真だ。公式ホームページ内の動画では名刺の作成風景を見ることができるが、メンバー3名が自ら木を切り出して作った名刺は、TOKIOのDIYスキルの高さをうかがわせる仕上がりになっている。

   国分さんの写真に対しては、カバンの約半分を占領する分厚すぎる名刺の数々に、「もはや名刺入れがカバンですね」などファンから驚きの声が上がっていた。

   国分さんにも「分厚すぎる」という自覚はあったようで、「この名刺を作ってるホームページ動画。途中の加工してるシーン、3人で『分厚くなっちゃった』って笑ってるんです。そこ、見てほしいな~」と投稿していた。

   これを受け、同日「株式会社TOKIO」の公式アカウントが「木板の名刺」に関する新情報をツイート。国分さんのツイートを引用する形で、木材の種類や厚みについて明かした。

   「<補足情報です!> これは福島の『杉の木』で作ったもので、厚さ1.2cmに仕上がりました 1枚ずつ大切に、お渡ししています」

(中見出し)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中