2021年 5月 12日 (水)

グラドル長澤茉里奈が念願「プロ雀士」合格! 「悔しくて泣いたときも...」彼女が本気で麻雀に挑む理由

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   Fカップのボディを生かしてグラビアアイドルとして活躍する長澤茉里奈さん(25)が、日本プロ麻雀協会のプロテストに合格し、異色の雀士が誕生した。

   麻雀を始めたきっかけは偶然だったが、その異色の経歴が活躍の幅を広げる原動力になったようだ。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 野口博之)

  • インタビューに答える長澤茉里奈さん
    インタビューに答える長澤茉里奈さん
  • インタビューに答える長澤茉里奈さん

成長できない自分が悔しくて、泣いてしまったときも

   「まりちゅう」の愛称で呼ばれる長澤さんは、2013年の高校3年生のときに東京・原宿でスカウトされた。女性アイドルグループ「放課後プリンセス」に入門し、その後メンバーとして活躍した。16年末に卒業し、バラエティ番組などに出演しているほか、映画への出演経験もある。

   18年からは、ABEMAテレビの番組「麻雀最強戦」などのアシスタントを務め、お茶の間に麻雀の魅力を伝えてきた。

   そして、21年3月29日、麻雀のプロテストに合格したことをツイッターなどで報告し、異色のアイドルとして大きな話題になった。

   J-CASTニュースでは4月2日、長澤さんにインタビューして、なぜ麻雀プロを目指したのか、今後はどんな活動がしたいのか、などを聞いた。

――アイドルとして麻雀プロに合格された方は、過去にちらほらおられるようですが、異色の経歴であることには変わりありません。なぜ目指そうと思われたのでしょうか?

長澤: 2017年公開の「咲-Saki-」という映画に出たのがきっかけです。映画のオーディションに行ったときは、麻雀のことなんか何も知らないので、「麻雀分かんないです」という形で受けました。そのときは初心者の役をいただいたので、何も勉強することはなかったんですけど、「咲」がきっかけで麻雀番組のオファーとかが増えたり、2018年に「麻雀最強戦」のアシスタントのお仕事が決まったりして、本格的に麻雀を始めようと思いましたね。

――とすると、麻雀を始めてわずか4年の短い期間でプロになったということなんですね?

長澤:でも、1、2年は、本当にかじっている程度というか、もうアプリで楽しむ程度といいますか。最強戦中も、まりちゅうに勝ったら『近代麻雀』の表紙を取れる、という私のコーナーを作ってもらったりしたんですけど、本当下手過ぎていつも見ている人たちを困らせちゃうぐらいな打ち筋でしたね。なので、麻雀最強戦のアシスタントが終わって、2020年ぐらいからちゃんと勉強し、プロ試験を受けようと決意しました。でも、「まだまだだな、こいつは」「本当に麻雀好きなのか」と言われることがすごく多く、成長できない自分がめちゃめちゃ悔しくて、泣いちゃったときもあります。そういう自分を見返してやる気持ちで、プロを頑張っていきたいと思いました。結果を残して、みんなに「まりちゅう頑張ったな」と成長を見せられるようにしていきたいです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中