2021年 11月 28日 (日)

小池徹平の橋本左内まさかの「ナレ死」 あっけない最期に見る、大河ドラマ大物俳優陣の「贅沢な使い方」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」第9話が、2021年4月11日に放送され、幕末に活躍した志士・橋本左内役を務める小池徹平さんが「ナレ死」したことが話題になっている。

  • 橋本左内役で出演する小池徹平さん(NHK「青天を衝け」公式サイトより)
    橋本左内役で出演する小池徹平さん(NHK「青天を衝け」公式サイトより)
  • 橋本左内役で出演する小池徹平さん(NHK「青天を衝け」公式サイトより)

25歳の若さで斬首刑に

   大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   小池さんが演じるのは、越前国福井藩の志士・橋本左内(はしもと・さない)。15歳で生きる上で常に念頭に置いておきたい5つの目標をまとめた書物「啓発録(けいはつろく)」を執筆し、のちに蘭学と医学を学んだ学才ある人物だ。その人柄は、かの西郷隆盛も認めるほどで、作中では第15代将軍・徳川慶喜(草彅剛さん)の側用人・平岡円四郎(堤真一さん)とともに、将軍継嗣問題をはじめとする政に介入し活躍。その結果、安政5年(1858年)、大老となった井伊直弼(岸谷五朗さん)による反対勢力の苛烈な弾圧「安政の大獄」にて25歳の若さで斬首され、この世を去った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中