2021年 5月 18日 (火)

澤村拓一がメジャーで好スタートを切れた理由 関係者が指摘する「プラス要因」とは

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   メジャーリーグ・レッドソックスの澤村拓一投手(33)が存在感を増している。

   レッドソックスは2021年4月13日(日本時間14日)、敵地でツインズと対戦し、澤村は6回からマウンドに上がり1イニングを無安打無失点で抑えた。これで5試合連続無失点をマークし防御率は0.00。澤村に勝敗は付かず、チームは4-2で勝利した。

  • 澤村拓一投手(写真:AP/アフロ)
    澤村拓一投手(写真:AP/アフロ)
  • 澤村拓一投手(写真:AP/アフロ)

11日のオリオールズ戦では初ホールド

   同点の6回、澤村は2番手としてマウンドを任された。中1日での登板となった澤村は、先頭打者をスプリットで詰まらせてショートゴロを打たせたが、これを遊撃手ボガーツが1塁へ悪送球し出塁を許した。

   無死1塁の場面で打席のシモンズは強烈なピッチャー返し。ライナー性の打球がマウンド上の澤村を襲ったが、これを間一髪かわした。打球はセンターに抜けるかと思われたが、セカンドベース付近に守っていた2塁手がさばいてダブルプレーに。澤村は続く打者を空振りの三振に仕留め無失点で切り抜けた。

   メジャーデビューして以来、5試合連続無失点を記録。4月11日のオリオールズ戦ではメジャーで初のホールドをマークした。7回途中からマウンドに上がった澤村はメジャーで初めてイニングまたぎを経験。18球のうちストライクが8球と制球は安定しなかったが、チームの勝利に貢献した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中