2021年 12月 2日 (木)

日米は「犯罪的なマフィア集団」 処理水問題で荒ぶる中国メディア、米国務長官への罵倒ツイートも

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京電力福島第1原発の処理水を2年後に海洋放出する方針を政府が決めたことを受け、周辺諸国が強く反発している。

   特に中国に至っては、日本側の対応を評価する米国務長官のツイートに返信したり、引用したりする形で、米国が日本に対応を求めないことを非難。悪化する米中関係を背景に、処理水問題でも「空中戦」が展開されている。

  • 東京電力福島第1原発の処理水扱いで周辺諸国が反発している(写真は東京電力撮影)
    東京電力福島第1原発の処理水扱いで周辺諸国が反発している(写真は東京電力撮影)
  • 東京電力福島第1原発の処理水扱いで周辺諸国が反発している(写真は東京電力撮影)

朝鮮日報「透明なモニタリングの仕組みを提示できなかった」

   韓国では、早くもトップにあたる文在寅大統領本人が日本政府の決定に反発している。大統領府(青瓦台)の康珉碩(カン・ミンソク)報道官の発表によると、文氏は4月14日に相星孝一・駐韓日本大使から信任状を受け取った際、

「韓日両国は地理的にも文化的に最も近い隣人であり、友人であり、北東アジアと世界の平和繁栄のために協力しなければなら非常に重要なパートナー」

だとして「東京五輪の成功を祈る」と述べる一方で

「福島原発汚染水放流決定の韓国政府の懸念を伝えた」

という。

   韓国メディアも日本の決定に批判的な論調が多く、朝鮮日報は、4月14日の社説で、処理水からトリチウム以外の放射性物質を除去したり海水で薄めたりするという日本政府の説明を前提に、「隣接国の不安を払拭できる透明なモニタリングの仕組みを提示できなかった」と主張。原発の敷地外にタンクを増設するなどして放出を先送りしなかったことを非難した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中