2021年 11月 28日 (日)

巨人・原監督の「沈黙」は何を意味するのか デラロサ代役に「W守護神」導入の可能性

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   プロ野球の巨人は2021年4月15日、ルビー・デラロサ投手(32)の出場選手登録を抹消した。

   スポーツ各紙によると、デラロサは米国の市民権申請手続きをするためこの日、渡米したという。デラロサは今季6試合に登板し、防御率0.00、5セーブをマーク。再来日後のチーム合流は5月中旬以降になる見通しで、チームは約1カ月間、守護神不在の戦いを強いられる。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

原監督はデラロサ「後任」明言せず

   デラロサは3月上旬に左足小指を骨折し、開幕には間に合わなかったものの、驚異的な回復力で4月1日に復帰した。今季初登板でセーブをマークすると、4日のヤクルト戦から4試合連続でセーブを記録。守護神として相変わらずの安定感を見せていた。

   「勝利の方程式」の最後を締めくくるデラロサの不在は、投手陣にどのような影響を及ぼすのか。そして新たなクローザーに誰が指名されるのか。スポーツ各紙によると、原辰徳監督(62)はデラロサの離脱を前向きにとらえつつ「後任」に関しては明らかにしていない。

   開幕当初は、出遅れたデラロサに代わって中川皓太(27)がクローザーを務め、デラロサの復帰に伴い本来のセットアッパーに戻った。これまでの実績からいえば中川が再び9回のマウンドを任される可能性が高いが、指揮官は中川に一本化する考えはなさそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中