2021年 10月 18日 (月)

対阪神「2戦4死球」に燕党イライラ 山田・村上・塩見...主力直撃で「割に合わん」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球の阪神は2021年4月18日、甲子園球場でヤクルトと対戦し10-7で勝利した。

   試合は阪神が序盤のリードをなんとか守って7連勝を飾ったが、両軍合わせて3つの死球が出る荒れる展開に。8回にヤクルト梅野雄吾投手(22)が阪神・大山悠輔内野手(26)に死球を与えたところで警告試合が宣告された。阪神は貯金を「11」に伸ばして首位をがっちりキープしたが後味の悪さを残した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

ヤクルト村上、塩見、阪神は大山に死球が

   この日最初の死球は7回、ヤクルト攻撃の場面だった。2死走者なしでマウンドには阪神3番手・岩貞祐太(29)、打席にはヤクルトの4番・村上宗隆(21)が入った。フルカウントからの6球目だった。内角高めに入った球が村上の右腕を直撃した。

   阪神5点リードの8回には、4番手・加治屋蓮(29)が塩見泰隆(27)に死球を与えた。この回先頭の塩見に対し2ボール2ストライクからの5球目。144キロの直球が塩見の左腕を直撃した。この直後、審判団がいったんマウンド付近に集まったが、審判団からのアナウンスはなかった。

   そしてその裏の阪神の攻撃でこの日3つ目の死球が出た。2死2塁の場面で、ヤクルト5番手・梅野が大山に対して死球を与えた。2ボールからの3球目がインコースを突き、大山の腰付近に当たった。この死球を受け真鍋球審が警告試合を宣告した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中