2021年 10月 22日 (金)

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
ワクチン接種、なぜ日本は遅れてる? データで見る「感染者数」との深い関係

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   筆者は、本コラムに限らず、編集部から「お題」をもらって書くことにしている。今回の編集部の求めは、「ワクチン接種 日本はなぜ遅れているのか」だ。

   ちょっとワクチンの話を探してみると、日本のワクチン接種率は先進国で最低なので、オリンピックなんてやっていられない、などという記事が出てくる。

   オリンピックを止めろという主張が先になり、そのためにワクチン接種率を持ってきたのだろう。ジャーナリストは、とにかく主張したいばかりで、そのための分析はないことがしばしばだ。

  • ワクチン接種(写真はイメージです)
    ワクチン接種(写真はイメージです)
  • ワクチン接種(写真はイメージです)

ワクチン供給は新型コロナが酷い国ほど多くないと不味い

   まず、データを「Our World in Data」で調べてみよう。このサイトには、新型コロナウイルス関係の各種データがよくまとまっており、全データのダウンロードもできるし、国を選択してチャートを描くこともできる。

   そこで、人口百人あたりのワクチン接種回数について、OECD諸国の国名をいれてチャートで見ると、日本は1.6回しかなく、トップのイスラエルの119.5回に遠く及ばないばかりか、断トツの最下位だ(2021年4月19日時点)。

   そこで、なぜかを考えてみた。同じサイトの全データをダウンロードして、ワクチン接種回数と関係のありそうなものを片っ端からデータ解析した。そうしたら、ワクチン回数が、感染者数と深い関係があることがわかった。

   具体的には、データ入手可能な84ヶ国のこれまでのワクチン接種回数とこれまでの感染者数(ともに人口当たり)をみると、相関係数は0.73もあった。具体的には、感染者一人当たりに4回分のワクチンが平均的には供給されていることになる。要するに、感染者が多い国ほどワクチン接種が多いのだ。

   これは考えてみれば、医療では当たり前で、ワクチン供給は新型コロナが酷い国ほど多くないと不味い。供給制約がある場合であれば当然のことだ。もし感染が酷くないのに、カネにものを言わせて、ワクチンを大量にかき集めたら、世界中から批判されるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中