2021年 12月 9日 (木)

小学生とのドッジボールで「全治3か月の大怪我」 YouTuberヒカル兄にまさかのハプニング

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   YouTuberのヒカルさんが2021年4月21日、自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画で、カメラマンを務める実兄のまえすさんが大怪我を負ったとして、その手術に付き添う模様を公開した。

  • 怪我の状況を振り返るまえすさん(ヒカルさんのYouTube動画より)
    怪我の状況を振り返るまえすさん(ヒカルさんのYouTube動画より)
  • 怪我の状況を振り返るまえすさん(ヒカルさんのYouTube動画より)

ドッジボールの企画撮影中に負傷

   先日行われた小学生とドッジボールを行う動画の企画中、右手人差し指を負傷したまえすさん。当初は単なる突き指だと思って放置していたものの、なかなか腫れがひかず、指が曲がらない状態がしばらく続いたという。不安に思って医師に診てもらったところ、手術をしてから完全回復までに2?3か月を要する「骨性マレットフィンガー」という重傷であることが判明した。

   そんなわけでこの度、ヒカルさんはオペに向かうまえすさんに付き添うこととなった。病院へ移動する車中、まえすさんは「真っすぐの指に戻る可能性は低いみたい。第一関節から上の角度が5度ぐらい前に曲がった状態」と説明。

   ヒカルさんは「そんなことになるんやっていう。想像を超える大怪我だった」と言い、「ドッチボールでそうなるって怖いな。俺らみたいな歳いった人間はあんまり動いたらあかん。運動系はほどほどにやるのがいい」と自戒した。

   まえすさんによると、ドッジボール企画の際、序盤に怪我をしていたものの、「痛かったけど勝ちたかったから我慢していた」とのことで、ヒカルさんは「それ怖いなぁ...」とつぶやいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中