2021年 6月 20日 (日)

チョコプラ「悪い顔選手権」の「パクリ疑惑」否定 「元祖」メディアはどう受け止める?見解を聞いた

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「これ本当に信じてもらいたんですけど、パクってないですよ」

   そうした中、チョコプラは21年4月19日に自身のYouTubeチャンネルで「悪い顔選手権 動画パクリ疑惑について」と題した動画を投稿。内容は情報番組「バイキング」(フジテレビ系)をもじったとみられる「ベーキング」のスタジオで、松尾さん扮する司会の坂上忍さんが、コメンテーターの長田さんと横澤夏子さんに「疑惑」について話を聞くというものだ。

   動画によれば、「悪い顔選手権」の発案者は長田さんだ。松尾さんから疑惑について問われると「これ本当に信じてもらいたんですけど、パクってないですよ」と否定。無意識の中でネタを取り入れたことも「全くない」とした。

   動画を投稿する際は「ネタかぶり」を防ぐため、YouTubeで同様の企画がないか検索しているという長田さんだが、今回の「悪い顔選手権」は「(検索欄に)入れてなにも出てこなかった」ため、公開したと振り返る。しかし、その後の「パクリ」指摘を受け、「容疑者フェイス選手権」の記事を発見。「うわーこれちょっと被っちゃったな」と思ったという。

   長田さんは「タイトルを見れば、確かにパクリって言われてもしょうがない」としつつ、「悪い顔選手権」と「容疑者フェイス選手権」の「違い」を次のように訴えた。

「僕らの悪い顔選手権というのは、普通のなんでもない一般の人が、捕まってああいう撮られ方をすると、めちゃくちゃ悪く見えるよねって。ひょっとしたら、僕らもやってみたら悪い顔になるんじゃないか、っていうコンセプトでやってみたんですね」
「(容疑者フェイス選手権は)このスタッフの方々がすごい悪い顔だと言われる、容疑者顔だと言われるので、じゃあ誰が容疑者顔の一番か決めようっていうコンセプトなんですよ。だから似て非なるものなのかなって」

   それでも長田さんは「紛らわしい企画で世間をざわつかせてしまったことは申し訳ないなと思います。申し訳ございませんでした。ただ、そういうつもりはなかったです。パクリっていうのはないです」とお詫びした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中