2021年 5月 8日 (土)

14点取っても「辛勝」の情けなさ 先発も中継ぎも抑えも打たれる、巨人投手陣の厳しい現状

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球の巨人は2021年4月27日、神宮球場でヤクルトとの乱打戦を制し14-11で勝利した。

   巨人は初回に3点を先制するも先発・畠世周(26)が踏ん張れず3回途中降板。試合は序盤から両軍の打ち合いが展開され、巨人が8-8の同点で迎えた9回に一挙6得点で勝ち越しに成功。チームは乱打戦を制し再び2位に浮上したが、投手力に不安を残した一戦だった。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

7回から「勝ちパターン」に入るも...

   巨人が初回に3点を先制した一戦は両軍合わせて33安打が飛び出す乱打戦となった。

   4点リードの2回、先発・畠が乱れた。先頭・村上宗隆(21)にソロ本塁打を浴び、1死後、青木宣親(39)に安打を許し、四球と暴投で2、3塁のピンチに。続く元山飛優(22)がライト前に放った打球はライト梶谷隆幸(32)の前で大きくバウンドし、梶谷が後逸。これが2点タイムリーとなり、田口麗斗投手(25)にスクイズを決められ同点に追いつかれた。

   3回には大城卓三(28)のソロで突き放すも、その裏に再び逆転を許した。畠の制球が定まらず、先頭・中村悠平(30)にレフト前に運ばれ、続く山田哲人(28)を四球で歩かせたところで降板。無死1、2塁の場面で後を継いだ2番手・大江竜聖(22)はタイムリーと犠牲フライで2点を失いピンチをしのぎきれなかった。

   巨人は4回にすぐさま同点に追いつき、その裏から野上亮磨(33)がマウンドを任された。野上は5回に得点圏に走者を進めるも後続を打ち取り、3イニングを無安打無失点に抑える力投。7回の攻撃ではウィーラー(34)に2点タイムリーが飛び出し逆転に成功し、その裏から巨人は「勝ちパターン」の継投に入った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中