2021年 6月 17日 (木)

堤真一の平岡円四郎は「理想の上司」? 「お前らが幕府をダメだと思っていても...」包容力に絶賛の声

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」第13話が、2021年5月9日に放送された。徳川慶喜の側近・平岡円四郎を演じる俳優の堤真一さんの懐の深い演技が話題になっている。

  • 堤真一さん(2015年撮影)
    堤真一さん(2015年撮影)
  • 堤真一さん(2015年撮影)

円四郎を頼って京都に向かった栄一たち

   大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   堤さん演じる平岡円四郎は、第15代将軍・徳川慶喜(草彅剛さん)に仕える側近。慶喜からの信頼を厚くし、筆頭クラスの用人にまで昇進した、いわば慶喜のブレーン的存在だ。

   第13話「栄一、京の都へ」では、栄一と幼馴染の喜作(高良健吾さん)が志士を目指し、かつて世話になった円四郎を頼りに京都へ行く。2人は憧れであった志士たちを訪ねるも、彼らはすっかり尊王攘夷に対する志を失っており、話にならない。栄一はこのままではダメだと、今は身を潜めている幼馴染の剣豪・長七郎(満島真之介さん)に「眠る志士たちの目を覚ます」と、一度は断念した「横濱焼き討ち計画」を再始動する旨を記した手紙を送るが、ひょんなことからその手紙が、あろうことか幕府の手に渡ってしまう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中