2021年 6月 19日 (土)

レイズ戦力外の筒香に「これからどうするのか」 上原浩治氏がエール「悔いのない選択を」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   米大リーグのタンパベイ・レイズは日本時間2021年5月12日、筒香嘉智選手を40人のロースター枠から外した。筒香にとっては、事実上の戦略外通告となる。

  • 筒香嘉智外野手(2019年1月撮影)
    筒香嘉智外野手(2019年1月撮影)
  • 上原浩治さんのツイッター(@TeamUehara)より
    上原浩治さんのツイッター(@TeamUehara)より
  • 筒香嘉智外野手(2019年1月撮影)
  • 上原浩治さんのツイッター(@TeamUehara)より

打率.167、本塁打0と不振

   筒香選手は今シーズン26試合に出場するも打率.167、本塁打0、打点5と打撃不振に苦しんでいた。ロースター枠への登録はチームの公式戦に出場するための必須条件となるため、事実上の戦力外通告が下された形だ。

   筒香選手は2020年に横浜DeNAベイスターズからメジャー移籍。レイズと総額1200万ドル(約13億円)での2年契約を結んでいた。移籍1年目の昨季は、51試合の出場で打率.197、8本塁打、24打点の成績だった。

   今後、筒香選手はウェーバーにかけられることとなるが、他チームが名乗りを上げない場合、筒香選手自身がマイナー降格か自由契約での放出を決定することとなる。

   地元「タンパベイ・タイムズ」紙の報道によると、レイズのニアンダーGMは筒香選手に対しレイズ傘下の3A級チーム・ダーラムでのレギュラー出場をオファーしているという。

   DeNA時代は頼れる4番打者として活躍した筒香選手だが、慣れない環境に加えコロナ禍でのプレーは厳しいものがあったようだ。無念の戦力外通告に、ファンからは悲しみの声があがっている。

「筒香...今の成績では仕方ない対応だと思うが、これからどうするのか、悔いの無いように決めてほしい」
「一度きりの人生、他人に迷惑をかけなければやりたいことをしたら良い」
「YOKOHAMAの筒香は、這い上がる男 絶対このままじゃ終わらないよっ 頑張れ、踏ん張れ」
「マイナー、移籍、帰国、どれを取っても筒香が後悔しない選択をして欲しい。頑張れ...!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中