2021年 6月 21日 (月)

第一三共ヘルスケア商品で「不適切広告」発覚 事前チェックで不備...「再発防止に努める」

   第一三共ヘルスケアの化粧品ブランド「ブライトエイジ」をめぐり、不適切な広告が出稿されていたことがJ-CASTニュースの調べで分かった。

   プロモーションを担当する同社の子会社は「深く反省しております」と取材に答え、再発防止に努めるとする。

  • ブライトエイジの広告例
    ブライトエイジの広告例
  • 問題の広告の一例
    問題の広告の一例
  • ブライトエイジの広告例
  • 問題の広告の一例

「利用者の声」に疑問

   ブライトエイジでは、化粧水、美容液、サプリメント、医薬品などエイジングケア商品を展開する。俳優の観月ありささん、本上まなみさんを広告塔に起用し、SNS上では多数の「インフルエンサー」から紹介されている。

   J-CASTニュースが同ブランドの宣伝物を調べたところ、「アフィリエイト」と呼ばれる成果報酬型のネット広告で、不適切とみられる広告が複数見つかった。

   例えば、「【必見】シミ・小じわにアプローチ!第一三共ヘルスケアが開発したブライトケアで輝き肌を解き放つ!」と題したページでは、女性の顔写真とともに「満足できる化粧品にようやく出会えた!という感じです」などと体験談が掲載されていた。しかし、同一の写真が画像売買サイト「スナップマート」で見つかった。

   写真の女性は使用者ではない可能性があり、同サイトの規約では「被写体が特定の営業、商品若しくはサービスを利用等しているような印象を与える使用」を禁止している。

実際の広告
実際の広告
同一写真が画像素材サイトで見つかった(編集部で一部加工)
同一写真が画像素材サイトで見つかった(編集部で一部加工)

   「シミに効く!飲み薬ランキング」と題した商品比較サイトでは、ブライトエイジの商品が1位に選ばれており、「ウッチー 47歳」と名乗る人物が「体の内側からのシミ対策にはピッタリ」などと推奨コメントを寄せていた。

   調査は、クラウドソーシングサイト「ランサーズ」を通じて30~60代の女性368人に実施したと書かれているが、調査期間は「2018年7月1日~現在」と漠然としている。対象者も「シミケア商品利用者」とあり、実際に該当商品を利用しているのか判然としない。

実際の広告
実際の広告

   広告規制に詳しい成眞海弁護士はJ-CASTニュースの取材に「アフィリエイト広告の作成に販売事業者が関与している場合、虚偽の体験談や、適切な調査がなされていないアンケート結果の表示は、景品表示法の優良誤認表示に該当する可能性がある」と答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック