2021年 6月 19日 (土)

「魔性かまってちゃん」演じた内田理央に「キャスティング大正解」 ドラマ「レンアイ漫画家」での怪演に視聴者大興奮

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   俳優・鈴木亮平さんが主演を務めるドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)の第7話が2021年5月20日に放送され、俳優の内田理央さん演じるレンの母・美波の小悪魔っぷりに視聴者からは反響があがっている。

  • 番組公式サイトより
    番組公式サイトより
  • 「ちょっとやばい謎の女」を演じた内田理央さん(内田さんのインスタグラムより)
    「ちょっとやばい謎の女」を演じた内田理央さん(内田さんのインスタグラムより)
  • 番組公式サイトより
  • 「ちょっとやばい謎の女」を演じた内田理央さん(内田さんのインスタグラムより)

"バックハグ"で懇願「さみしいの」

   同作は、漫画一筋で恋愛下手な天才漫画家・刈部清一郎(鈴木さん)と、彼氏ナシ仕事ナシのアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆さん)が織りなすラブコメディー。

   清一郎が描くSF系ラブストーリー「銀河天使」のネタのため、あいこは100万円の報酬を条件に、「さまざまな相手と疑似恋愛をして、その過程を報告する」という無茶ぶりなミッションに応えていく...というストーリーだ。

   第7話では、長年音信不通だった刈部レン(岩田琉聖さん)の母・秋山美波(内田さん)が「レンに会いたい」と、清一郎の自宅を訪ねてくる。レンは幼くして父・刈部純(白石隼也さん)を亡くし、純の弟の清一郎が引き取っていた。

   「レンを取り戻そうとしているのでは?」と考えた清一郎は、レンに夕食を外で取るよう告げ、対峙することに。するとその直前、清一郎のファンで近所に住むライバル漫画家・可憐(木南晴夏さん)がタイミングよく登場。ともに美波を追い払うため、清一郎のニセ婚約者を演じることになる。

   美波をけん制し続ける可憐だが、話しているうちに感極まった美波は清一郎に対し「私ね、ずっと思ってた、せいちゃん(清一郎)がいつかまた恋愛する相手はきっと私だろうなって」と思いを明かし、清一郎と元夫の純は自らの青春の支えであったと告白。

   さらに、戸惑う清一郎をよそに突然後ろから抱きつき、「独りぼっちになったみたいでさみしいの。せいちゃん助けてよ」と涙ながらに主張。しかし清一郎からは、「帰ってくれ。レンにも会わないで欲しい」とあっさりと拒絶されてしまうのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中