2021年 6月 19日 (土)

「何のためのリプレー検証」の声も 中日戦クロスプレーで「空タッチ」トレンド入り...微妙判定にファン紛糾

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球のセ・パ交流戦が2021年5月25日に各地で開幕した。

   バンテリンドームで行われた中日対ソフトバンク戦では、3回裏のクロスプレーが話題を集めている。

   0-0で迎えた3回、中日の攻撃の場面だった。1死から大島洋平(35)が四球を選んで出塁。続く三ツ俣大樹(29)がライト前に運び1死1、3塁とチャンスを広げた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

中日リクエストも判定覆らず...

   先制のチャンスで打席に入ったのは3番・福田永将(32)だ。福田は4球目のストレートをたたき打球は1塁手の横を抜けてゴロでライトオーバー。3塁走者の大島がホームに生還し先制すると、1塁走者の三ツ俣が果敢にホームを狙った。

   福田の打球を処理したライト柳田悠岐(32)が中継に入った2塁手・周東佑京(25)に返球し、周東はすかさずバックホームした。三ツ俣はヘッドスライディングでホームに飛び込み、捕手の甲斐拓也(28)が追いタッチ。三ツ俣は両腕を広げて「セーフ」をアピールするも判定はアウトとなった。

   この判定を巡りすかさずベンチが動いた。中日・与田剛監督(55)がリクエストし、リプレー検証が行われた。約2分の検証で審判団が下した判定は再び「アウト」。中日はリクエスト失敗となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中