2021年 6月 17日 (木)

「なんでもないゴロなのに」 木浪トンネル&中野悪送球...阪神二遊間「凡ミス連発」に虎党ため息

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球の阪神は2021年6月1日、甲子園球場でオリックスと対戦し2-5で敗れた。

   阪神は2点ビハインドの5回に2本のタイムリーで同点とするも、8回に遊撃手・中野拓夢(24)の失策でピンチを広げ3失点。3回には2塁手・木浪聖也(26)が平凡なゴロをトンネルするなど守備力の弱さを露呈した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

中野は今季8つ目の失策

   2-2の同点で迎えた8回オリックスの攻撃だった。

   1死から吉田正尚(27)がセンター前ヒットで出塁し、続く杉本裕太郎(30)の打球はゴロで三遊間に転がった。打球をキャッチした遊撃手・中野が体をひねりながら2塁へ送球。これがワンバウンドし、木浪が捕球できずセーフとなった。

   今季8つ目の中野の失策で、オリックスに流れが傾いた。2死1、2塁から安達了一(33)がタイムリーを放ち、さらに2死満塁の場面で紅林弘太郎(19)が2点タイムリー。阪神にとって失策がからんでの手痛い失点となった。

   3回の守備では、2塁手・木浪が平凡なゴロをトンネルする「失態」を犯した。先発・西勇輝(30)が後続をダブルプレーに打ち取り得点にはつながらなかったが、SNS上では木浪のトンネルが話題となり、虎党から「なんでもないゴロなのに」とのコメントが上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中