2021年 6月 19日 (土)

鬼滅の刃「村田さん」はなぜ愛されるか モブからゲーム参戦の大出世...「人間らしさ」が共感呼ぶ?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   大人気漫画「鬼滅の刃」には、人間も鬼も数多くのキャラクターが登場し誌面をにぎわせた。竈門炭治郎や鬼舞辻無惨らメインキャラクターの他にもファンに愛されるキャラがいるが、その1人が鬼殺隊士の「村田さん」こと村田だ。このほど、2021年中に発売予定の対戦アクションゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」にも村田が登場することが5月31日に同ゲーム公式サイトで発表され、ファンは沸いた。

   他の実装キャラクターはといえば、竈門炭治郎・禰豆子らメインキャラや「柱」として卓越した戦闘力を持つ冨岡義勇・胡蝶しのぶ・煉獄杏寿郎、あるいは炭治郎を鍛錬した鱗滝左近次らが居並ぶ。その中でゲーム登場キャラに抜擢された村田は、平隊士としては異例の「出世」をとげている。本編登場時は「モブキャラ」でしかなかった村田さんがここまで愛される理由は何だろうか。

  • 「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」に登場する村田(プレスリリースより)
    「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」に登場する村田(プレスリリースより)
  • 「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」に登場する村田(プレスリリースより)

「サイコロステーキ先輩」とは対照的?

   フルネームすら与えられていない「村田さん」だが、初登場は単行本4巻、那田蜘蛛山での鬼と鬼殺隊の戦いにおいてである。増援として那田蜘蛛山に派遣された炭治郎らが目にしたのは、鬼に手玉に取られて死屍累々の村田ら鬼殺隊。まだ戦えた村田だが、炭治郎らが新参で階級も低いと知ると「なんで柱じゃないんだ!」「何人来ても意味がない」と焦るが、彼らの戦いぶりを見て、格下の鬼を自ら引き付けて炭治郎・我妻善逸・嘴平伊之助の若手隊士をサポートする度量の広さを見せた。

   なおこの「那田蜘蛛山編」では、炭治郎が鬼の累(るい)と対峙しているさなかに突如現れ、「こんなガキの鬼なら俺でも殺れるぜ」など累を小物扱いしたセリフをさんざん口にしたあげく、累に一瞬で身体を切り刻まれて死んだ隊士、通称「サイコロステーキ先輩」も登場する。サイコロステーキ先輩はこのインパクトからかなりの知名度があるが、彼の軽薄な態度とあっけない最期は、対照的な態度の村田の男を上げる効果もあったのではないだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中