2021年 6月 23日 (水)

YouTuberあやなん、0歳次男&夫の東海オンエアしばゆーと「別居育児」 後日釈明「子供達にとって良い選択を」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   YouTuber・あやなんさん(27)が、0歳次男を別居中の夫で人気YouTuberグループ「東海オンエア」のメンバー・しばゆーさん(27)に預けて育児を任せていると動画内で明かした。子育ての仕方をめぐってはインターネットで議論を呼び、あやなんさんはツイッターで2021年6月5日、「皆様の意見も参考にして夫婦で話し合い 子供達にとって良い選択をしていきます」と釈明した。

   発端となった動画はあやなんさん(27)が2日、夫婦のYouTubeチャンネル「しばなんといっしょ!」に「しばなんファミリーの別居の真相を話します。」と題して投稿したもの。4日夜の時点で130万回再生され、高評価2万1000件に対し、低評価は2万4000件つき、賛否両論が渦巻いていた。

  • あやなんさんのツイッター
    あやなんさんのツイッター
  • ツイッター上に掲載された謝罪文
    ツイッター上に掲載された謝罪文
  • あやなんさんのツイッター
  • ツイッター上に掲載された謝罪文

「いま不安定になりやすいのはぽんすなのかなって思って...」

   あやなんさんは、しばゆーさんと16年に結婚し、17年に長男「ポンス」君を出産。20年10月には次男「ぷく丸」君を出産している。

   2日公開の動画はあやなんさん1人で出演。今回の動画の撮影・公開を決めた理由について、インスタライブで「育児放棄してないですか」など次男の子育ての指摘コメントが相次いでいたことを受け、1本の動画にまとめたと切り出した。

   元々あやなんさんは、しばゆーさんと話し合ってポンス君に兄弟を作ってあげたいと思い妊活を決意したこと、妊娠中は「すっごいいろんなことを我慢して、10か月過ごした」こと、その時から2人目の子の面倒はしばゆーさんにお願いすると決めていたことを明かした。

   また、妊娠中にポンス君と遊んであげられず、幼稚園に入園することもあり、ポンス君に時間をかけてあげたいと思っていたという。

   「いま不安定になりやすいのはポンスなのかなって思って...。そこを両方完璧にやろうとしたり、仕事もしようとしたりすると、あたしがパンクするのは自分でわかっていたから」として、数か月はしばゆーさんと次男が愛知・岡崎で、あやなんさんと長男は東京で暮らしてみようと話し合っていたと話している。

   実際に離乳食が始まった5か月ごろから別々に暮らし始めたという。あやなんさんは、決してぷく丸君を愛していないからではないと前置きし、

「私はしばゆーを旦那として父親としてめっちゃ信頼を置いているんだよ。だし、この子の唯一の父親なわけじゃん。その人と一緒にいることがかわいそうだなって思わないし、むしろ喜ばしいことだと思っている。しばゆーのお母さんにみてもらったりとか、おじいちゃんに見てもらったり、そういう環境ってすごく良いと思う」

と話した。しばゆーさんにとっても子供との時間が増えるのはいいことではないかと思っていること、次男の腹持ちがよくなってきたことで安心できるようになったので任せられること、インスタのストーリーで動画を共有してくれるのが楽しみであることも語った。あやなんさん自身、ポンス君との暮らしを楽しみつつ、時間をゆっくりとれるようになったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中