2021年 7月 26日 (月)

「いつまで昭和の野球やってんだ」 采配の悪循環に鷹党イライラ...小久保ヘッドの「責任」指摘する声も

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球のソフトバンクがヤクルトに3タテを食らった。

   ソフトバンクは2021年6月13日、PayPayドームでヤクルトと対戦し4-6で敗れた。先発・和田毅(40)が立ち上がりから不安定でヤクルトに5回までに6点を許した。打線は中盤から追い上げ2点差に詰め寄るも及ばず同カード3連敗。得意とするセ・パ交流戦で5勝9敗4分けに終わり、12年以来9年ぶりに負け越した。

  • 侍ジャパンの監督も務めた小久保ヘッド(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    侍ジャパンの監督も務めた小久保ヘッド(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 侍ジャパンの監督も務めた小久保ヘッド(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

ツイッターでは「小久保采配ミス多すぎ」

   2点ビハインドの9回、先頭・中村晃(31)が四球を選んで出塁し、ベンチは川瀬晃(23)を代走に起用。そして6番・甲斐拓也(28)に代わって明石健志(35)が代打に送られた。無死1塁のチャンスに明石はセカンドゴロに倒れダブルプレー。反撃ムードが一瞬にして消え失せた。

   大事な局面でチャンスを広げることが出来なかった明石だが、鷹党の不満の矛先はベンチの「采配」に向けられた。6月に入ってからヒットの出てない明石を甲斐に代えてまで起用したことにツイッターでは「謎代打」と指摘する鷹党もおり、この采配を巡ってネットでは工藤公康監督(58)ではなく、小久保裕紀ヘッドコーチ(49)が矢面に立たされている。

   ツイッターでは「小久保ヘッドの采配どう思う?」「いつまで昭和の野球やってんだ」「小久保采配ミス多すぎ」などの声が上がり、前日12日のヤクルト戦での連続バントの采配に言及する鷹党も。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中