2021年 7月 31日 (土)

ドラゴン桜が欅坂「不協和音」オマージュ? 平手友梨奈のシーンに「イントロが聞こえてくる」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   俳優の阿部寛さんが主演を務めるドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)第8話が2021年6月13日に放送され、元「欅坂46」で俳優の平手友梨奈さんが演じたとあるシーンをめぐり、欅坂ファンから歓喜の声があがっている。

  • 欅坂46時代の平手友梨奈さん(2018年撮影)
    欅坂46時代の平手友梨奈さん(2018年撮影)
  • TBS系ドラマ「ドラゴン桜」公式ツイッター(@dragonzakuraTBS)より。グーを突き出す岩崎楓役の平手友梨奈さん
    TBS系ドラマ「ドラゴン桜」公式ツイッター(@dragonzakuraTBS)より。グーを突き出す岩崎楓役の平手友梨奈さん
  • 欅坂46時代の平手友梨奈さん(2018年撮影)
  • TBS系ドラマ「ドラゴン桜」公式ツイッター(@dragonzakuraTBS)より。グーを突き出す岩崎楓役の平手友梨奈さん

東大合格とバドミントン練習を両立させようとする楓

   ドラマは、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載された三田紀房さんによる「ドラゴン桜2」を原作に実写化。主人公は、偏差値30台の落ちこぼれ高校から東京大学合格者を輩出する元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部さん)で、2005年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」から15年後を描いた続編だ。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   平手さん演じる女生徒・岩崎楓は、全国トップレベルの元バドミントン選手で、何事も簡単にはあきらめない努力家。ケガを理由に違う形でバドミントンに関わろうと東大受験を志すが、楓がオリンピック選手になることを夢見る両親に対し東大受験を切り出せずにいる。

   第8話で、楓は日本を代表するバドミントンチーム「日本ユニシス」の練習に参加することに。諦めたはずのバドミントンの夢と東大合格という新たな目標との間で揺れる楓。ケガが発覚したときのように再び両親を失望させないためにも、練習と勉強どちらも両立させようと身を削って奮闘するが、ある日ついに過労で倒れ、緊急搬送されてしまう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中