2021年 7月 28日 (水)

打率.345の小園海斗に好機でバント→無得点 貧打・拙守の広島8連敗...佐々岡監督の采配に鯉党不満

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の広島は2021年6月14日、マツダスタジアムで西武と対戦し2-3で敗れた。

   広島は同点の6回、1死満塁でセンター羽月隆太郎(21)の落球(記録上は犠飛)で追加点を献上。この1点が決勝点となった。打線は西武投手陣の前に2安打と振るわず、得点は4回の2点のみ。拙守、貧打を露呈しチームはこれで2つの引き分けを挟んで8連敗。借金は「13」に膨らんだ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

落球が決勝点に直結し敗退

   痛すぎる落球だった。2-2の同点で迎えた6回、広島2番手コルニエル(25)が先頭・山川穂高(29)の振り逃げをきっかけに1死満塁のピンチを招いた。打席には代打・中村剛也(37)。コルニエルは中村をセンターフライに打ち取ったものの、この平凡なフライをセンター羽月が落球。3塁走者がホームに生還し貴重な勝ち越し点となり、結局この1点が決勝点となった。

   1点ビハインドの7回にも守備が乱れた。1死走者なしの場面で森友哉(25)が放った打球はショートとレフトの間に上がった。レフトの西川龍馬(26)が勢い良く突っ込み、ショート小園海斗(21)は半身の姿勢でボールを追った。ここで連係ミスが生じ、西川、小園いずれも捕球することが出来ず、結果2塁打を許してしまった。

   打線は西武投手陣の前に沈黙した。1点ビハインドの4回には林晃汰(20)の2点タイムリーで逆転したが、ブルペンデーとなった西武の小刻みな継投に以降は無安打に抑えられゼロ行進が続いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中