2021年 9月 27日 (月)

激辛駄菓子「わさびのり太郎」100枚食べたら人はどうなる? 人気YouTuberが検証した結果は...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「50枚くらい食うと、辛さがなくなる」

   チャレンジを通じて、フィッシャーズが気づいたのは、わさびのり太郎には、辛さだけでなく、別の「あたり」もあるということ。パッケージにも、「まれに2枚入ってしまうことがあります」と書かれていた。

   挑戦の後半では、この1袋2枚入りのわさびのり太郎を引き当てる場面もあり、参加したメンバーは「すげー!」「本当にあるんだ」などと興奮した様子だった。

   最終的にシルクさんが食べたのは48枚で、食べ続けたわさびのり太郎を、

「味がちょっと濃いくらいのしおり」
「50枚くらい食うと、辛さがなくなる」

と評していた。食べ始めた頃には辛さに悶えていたシルクさんだが、大食いの結果、わさびのり太郎の辛さに慣れてしまったようだ。

   こうした動画のコメント欄には

「メンバーがどんどん駆けつけてくれるのなんか良いなぁww」
「2枚引いちゃうとこが流石だわ?」
「そんなに辛いのランダムでいるなんて知らんかった笑笑」

といった感想も寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中