2021年 8月 4日 (水)

「俳優をバカにした表現」「演技のプロが俳優なんだよ」 佐藤二朗、一部番組の紹介方法にうんざり

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   俳優の佐藤二朗さん(52)が、テレビ番組などで使用される「演技派俳優」との文言に苦言を呈している。

  • 佐藤二朗さん(2016年撮影)
    佐藤二朗さん(2016年撮影)
  • 佐藤二朗さん(2016年撮影)

「演技のプロが俳優なんだよ」

   佐藤さんは2021年6月17日にツイッターで、

「以前、テレビである俳優さんを紹介するのに『演技派俳優』とのテロップ。正直ここまできたかと思った」

とうんざりしたように書き込み、「演技のプロが俳優なんだよ」と指摘した。

   その上で、佐藤さんは自身が原作・脚本・監督を手掛ける映画「はるヲうるひと」、自身主演のドラマ「ひきこもり先生」(NHK総合)、出演映画「ザ・ファブル」について触れ、

「6月の作品、どうか全部観てください」

と呼びかけた。「『演技派俳優』という表現が、いかに俳優をバカにした表現か痛切に分かるはずです」と続けている。

   このツイートに対し、

「確かに違和感ありますね」
「プロに対して大変失礼な紹介ですね」

と賛同の声が集まっている。

   佐藤さんはこうした反応を受け、18日に「これ勿論、僕ら側にも責任があります。てか、僕ら側にこそ。更に、30年のプロでも動物や子供に喰われる(故に奥深いとも言える)のが芝居です。ある人の言葉です。『ただ、芝居にだけは我々は彼岸にいたい』。精進します」などとツイッターで補足した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中