2021年 9月 16日 (木)

家庭内暴力書いた高校生の「似顔絵・匿名報道」に称賛 「どんな形でも作文を報じ、伝えたかった」河北新報の熱意

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「社会の良心に感謝しています」

    河北新報の担当者によれば、賀井さんへの取材は、顔写真を掲載しない、本名を記載しないといった条件で実現した。その取材の中で、賀井さんの学校の先生が似顔絵を掲載することを提案してくれたのだという。河北新報は本人らの了解を得たうえで、賀井さんの似顔絵を掲載した。

   紙面には、ボブヘアの女子高校生のイラストが掲載されている。やや重たげな前髪によって左目は少し隠れ、影がかかっている。一方で髪の分け目から覗く右目には、明るい光が差し込んでいる。

   SNS上では「"友人が描いた賀井さんの似顔絵"かわいい」「友達のイラスト上手い」などと大好評だ。

   こうしたSNS上での反響について、河北新報の担当者は驚いた後、こう述べた。

「プライバシーへの配慮が好評であったことは、こちらとしてもとても嬉しく存じます。社会の良心に感謝しています」

   そして、ぜひ賀井さんの読者体験記を読んでほしいと訴えた。

   賀井さんの読者体験記は、一ツ橋文芸教育振興会の公式サイト上に掲載された「入賞者発表冊子」から読むことができる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中