2021年 7月 26日 (月)

「はらぺこあおむし」風刺画騒動、毎日新聞社が見解 版元の抗議に「おとしめる意図はなかった」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   毎日新聞社は2021年6月19日の朝刊に、人気絵本「はらぺこあおむし」をモチーフにした風刺漫画をめぐる問題について、「絵本や作者をおとしめる意図はありませんでした」などとする見解を掲載した。

   風刺漫画に抗議していた「はらぺこあおむし」の出版元・偕成社(東京都新宿区)は21日、同紙の対応を受けてコメントを発表。「紙面にて誠実にご対応いただいたことを、お伝え申し上げます」と公式サイトで伝えている。

  • 毎日新聞の5日付朝刊に掲載された風刺画
    毎日新聞の5日付朝刊に掲載された風刺画
  • 毎日新聞の19日付朝刊に掲載された見解
    毎日新聞の19日付朝刊に掲載された見解
  • 毎日新聞の5日付朝刊に掲載された風刺画
  • 毎日新聞の19日付朝刊に掲載された見解

風刺漫画の中身は

   問題視されたのは、毎日新聞の5日付朝刊に掲載された風刺画だ。

   内容は、5月に死去したエリック・カール氏の絵本「はらぺこあおむし」のあおむしに擬したトーマス・バッハ会長らIOC幹部らが、「放映権」と書かれた「ゴリン(五輪)の実」をむさぼっているというもの。

   98年から続く同紙の長寿コーナー「経世済民術(けいせいさいみんじゅつ)」のひとつとして載せられたこの画には、「エリック・カールさんを偲んで はらぺこIOC 食べまくる物語」というタイトルがつけられていた。

   この風刺画の掲載に、出版元・偕成社の今村正樹社長は21年6月7日、不適当な形で作品を引用されたなどとして、自社サイトで「風刺漫画のあり方について」と題した抗議の声明を発表する事態となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中