2021年 8月 3日 (火)

東京五輪は本当に大丈夫なのか? 「無観客でも140人陽性」南米選手権の報告に広がる不安

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サッカーの南米選手権(コパ・アメリカ)を主催する南米サッカー連盟(CONMEBOL)は2021年6月21日、ブラジルで開催中の同選手権で実施した新型コロナウイルスのPCR検査で陽性を示した件数が計140件に上ったことを発表した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

南米選手権「バブル」方式導入も...

   南米サッカー連盟によると、13日に選手権が開幕してから1万5235件のPCR検査を実施。検査の結果、陽性率は0.9%で、選手も含まれるが、ほとんどが外部発注のオペレーターとホテルなどの従業員だという。

   ブラジルでは新型コロナの感染が広がっており、6月に入ってからも感染者数が増え続けている。在ブラジル日本国大使館の公式サイトによると、6月15日時点でのブラジル国内の感染者は1753万人に上っている。

   今回の南米選手権ではウイルスの感染拡大を防止するため、「バブル」方式が取り入れられ、選手の外出制限、48時間ごとのPCR検査などが実施されている。東京五輪・パラリンピックでも同様の「バブル」方式を取り入れる予定だが、南米選手権の無観客に対して東京五輪は有観客で上限1万人となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中